男のガレージ、カメラや自転車など GARAGE-M > 自転車 > パーツ > 自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トーイン調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキを掛けるたびに、日に日に異音が、周りの人も気になるほどの音になってきたので、ブレーキシューも「CORIMA(コリマ)」はダメなのかな~、などと、他のメーカのものにしようかなと、現状確認もせずに思っていたのですが、、、

改めて見てみると。。。

シューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」編です。

これまでは、ShimanoのSORAから105、デュラエースBR-7900で、今使用中の「BR-9000」と乗り換えていますが、ブレーキのトー調整が出来る何で思っていませんでした。

ホイールからのブレーキシューを1mmほど下げる調整のみで、済ませていましたが、、、

 

さて、ブレーキシューを外してみてみると。

音の原因は一目瞭然でした、トーバランスが狂っていてブレーキシューの後ろ側が先に触れるよに、調整されいていないといけないところが、逆にフロント側方触れるようになていました。

 

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

 

この時はまだ、トー調整が出来るなんて知らないので、ブレーキシューを外して、やすりで削ろうかな~程度にしか考えていませんでした。

 

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

 

しか~し。

ブレーキシューを外してみると、何~

ワッシャー部分が、円形になっているではないですか!

これって、もしかして360°角度を微調整出来るのでは、、、

 

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

 

結果です。

ハイ出来ました!

この様に。

 

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

 

動くんですね~

これまでの105のBR-5700などでは、異音がしたことなかったので、確認したことはなかったので、105でも出来るのかは定かではありませんが、BR-9000では出来るんですね。

 

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

 

異音がしていた時の状況を再現してみると、このような状態では異音が発生します。

当然です。

 

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トン調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

 

そして、工具でブレーキシューをちょっと調整してあげるだけで、この様にしっかりとトー調整ができます。

ネットで調べてみると、前後の隙間の差は「5mm」程度がいいらしいですよ。

私は、ワイルドなのでその辺はあんまり気にせず、手の感覚で調整してしまいました(笑)

 

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

自転車のブレーキシューから異音、トー調整「Shimano DURA-ACE(シマノ デュラエース)BR-9000」

 

5mm以上開いているのかな~

でも、これで調整が出来ることが分かっただけで、もうけんもんでしたのでOKです。

皆さんも、ブレーキから異音がしたり、効きが悪くなったらブレーキは確認をしてみることをお勧めいたしますよ。

 
もしよかったらプチっと!>>><<<クリックお願い致します。
 

ブレーキキャリパー「BR-9000」スペック

高速の長い下り坂走行には確かな「信頼」が必要。新しい左右対称のデュアルピボット設計とツインベアリングがピボットでの抵抗を軽減し、ブレーキの効率とコントロール性を向上させた。ポリマーコーティングケーブルの組合せにより、20%の制動力アップを達成。制動力10%アップ(BR-7900)との比較。ピボット軸を制動面に近づけ、制動力を向上。エアロバイクに最適な直付けタイプ (BR-9010)もラインアップ。

アーチサイズ:49mm
ピボットナット(mm):フロント(10.5/12.5/18/27/32)リア(10.5)
平均重量:297g (前後セット)

「BR-9000」を楽天で検索
「BR-9000」をYahoo! オークションで検索
「BR-9000」をYahoo!ショッピングで検索


3 Responses

  1. garage-m says:

    そうでした。
    車のアライメントでは「トーイン調整」って自然に使っていたので、確かに。
    今回の自転車のブレーキからの異音原因は、ブレーキパッドが「トーイン」になっていたためで、それを「トーアウト」になるように「トー調整」をしています。
    ご指摘有難うございました。

  2. AZUKI68 says:

    勘違いされてるかもしれませんので。
    ブレーキはトーインで調整するものです。
    前側がせまく、後ろ側が広いのが正しいです。
    5mmは開けすぎです。
    1mm程度開けるのが正しいです。
    こちらを参照してください。
    http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/brake.html#toe
    グレードに関わらずキャリパーブレーキはすべてトーイン調整
    できるようになっていますよ。