男のガレージ、カメラや自転車など GARAGE-M > 自転車 > パーツ > Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

いよいよ我慢できずに、Shimano(シマノ)10速用スピードカセットに、なんと11速用のカセットスプロケット「CS-9000」を装着しました。

その方法を載せていますが、注意点は11速のスプロケですが、装着は10速用スプロケットとして取り付けを行いますので、11速になるわけではないですよ。

しかし、私の使用している「ZIPP Sub-9 Disc」には、元々10速用のハブなので当然10速用のスピードカセットなんですよね、ZIPPの11速用の交換用のスピードカセットだ出てくるまでの間の仮の姿です。

これまでも、一気に11速化するのではなく遊びながら、10速環境から11速用のパーツを徐々に付けています。

何かの参考になればと、能天気なモルモットになった気分で楽しんでいます。

 

これまでの経緯は、、、

1.ブレーキを11速用の「シマノ(Shimano)デュラエース(Dura-Ace)キャリパ「BR-9000」装着」を装着し、これはまったく、当然ですが問題なく装着出来て、しかもメチャメチャ快適になりました。

2.フロントディレイラーを11速用の「シマノ10速を11速化「FD-7900からFD-9000」互換性検証」を装着して、これは10速用のチェーンでもしっかりと変速し、当たりの調整もできるので、まったく問題なく、10速環境に取り入れるパーツとしてはお勧めです。

3.リアディレイラーを11速用の「シマノ10速を11速化「RD-7900からRD-9000」互換性検証」を装着し、これはシビアな調整なのと、変速に癖があるので、装着は出来ますが神経質なかたにはお勧めできないかな~
私はこの状態でしばらく乗っていましたが、街乗りなのでな~んにも支障はなく、ちょっと癖のある古い車に乗ってる感覚です。

4.チェーンを11速用の「10速用チェーン「CN-7901」から11速用チェーン「CN-9000」に交換で軽量化と互換性チェック」を装着し、これは本日は強風が凄かったので、外に乗り出してはしていませんが、室内のローラで漕いでは見ましたが、ちょっとは変速がクイックになったようには感じましたが、体感としてはそれぐらいで、不具合もローラー上では特に現時点ではありませんでした。

 

それで、今回の「Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着」となります。

現実的に考えると、チェーンも11速用のCN-9000にしましたので、ナロー化している分、当然スプロケ側もそれに合った、11速用が良いのでしょう。特にリアはフロントと違って変速の頻度が違いますからね。

 

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着準備

 

これまでの「SHIMANO(シマノ)「CS-7900」11/21T(155g)」さん、お疲れさまでした。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

今度は、ここに11速用の「SHIMANO(シマノ)「CS-9000」11/23T」さんが、いらっしゃるわけです。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

今回の工程で必要な工具は、「スプロケットリムーバー」と「フリーホイールリムーバー」です。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

スプロケットを外すと、10速用のスピードカセットが顔を覗かせます。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

 

やはり、11速用の「左:CS-9000」は10速用の「右:CS-7900」より、高さがありますね。
CS-7900_CS-9000_05
右:「CS-7900」は最大スプロケットが21Tだったのですが、11速用の「CS-9000」は23Tからしかないので、少し見た目が大きくなって嫌だったのですが、仕方がないか。おっ!これで坂道も大体クリアできるようになったら、フロントのディレイラーも取っ払って、シングル化もありかもな~

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

え~と、11速を10速化する時には、実はこのパーツが重要となります。スピードカセット用のワッシャーを2枚使いますので、準備してくださいね。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

10速用のスピードカセットに取り付けるには、11速用のギアを1枚抜く必要があります。そして抜いたギアの代わりに先ほどのワッシャー二枚を使用します。今回は私はギアのつなぎを考慮した結果、16Tを抜くことにしました。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

この厚みの誤差が、計算上10速スピードカセットに11速用スプロケットを装着するのに必要なんです。11速用スプロケットギアを1枚ギアを抜いて、それを10速用スプロケットギアとして、10速用ハブスピードカセットに付けます。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

左側の「CS-9000」から、15Tを抜きましたが、カセットスプロケットの流れの乱れは感じないでしょ!しかも高さがほぼ同じに。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

そうそう。「でもさ11速用のカセットスプロケットってそのまま使いの?」って思っている方、下の画像をご覧くださいね。やはり高さが出すぎて、固定できないんですよね。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

「それじゃあさ、ハブスピードカセットの根元部分を削っちゃえば?」その通りだと思います。私も考えました、やすりを手にして。削れば絶対に付くと思いますが、でも私にはそれを行い勇気と、それを私にはすべて均一に手作業で削れる自信がないのです。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

さてと、もともとは「CS-7900」には、ワッシャーが1枚かませてありました。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

その高さと同じになるように、「CS-9000」からギアを1枚抜いて、ワッシャーを2枚入れるわけです。これで計算上はほとんど同じ高さになります。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着で軽量化?

 

ハイお答えしましょう!

軽量化になります今回の装着方法であればね。

これまでの「SHIMANO(シマノ)「CS-7900」11/21T」はワッシャーも1枚たすと「158g」でした。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

一方、「SHIMANO(シマノ)「CS-9000」11/23T」は、ギアを1枚抜いて、ワッシャーを2枚足すと、重量は「152g」ですから、「6g」の軽量化に成功です(笑)

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着時の構成

 

本来は、CS-9000の11-23Tのギア構成は「1+12+13+14+15+16+17+18+19+21+23」ですが、今回使用する構成は、15Tを抜きましたので「1+12+13+14+16+17+18+19+21+23」の10速となります。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

「Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着」パーツの細部

 

眺めていたら、パーツに魅せられて、ちょっと、細部も分かるので、写真を撮ってみました。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

カーボン製のミドルスパイダーアームとか。

 

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

16T以上は、チタン製スプロケットだったり。

 

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

細部の印字も心ときめきませんが?

 

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

へっへへ、「11 SPEED ONLY」と書いてありますが、ごめんなさいね~。
10速化にしちゃってまーす。などと心の中で叫びながら。

 

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」いざ!装着

 

まずは、ハブスピードカセットに、2枚のワッシャーを入れます。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

次は、一体化している「23T&21T」ギアを。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

次も、「19&18&17T」が一体化している、カセットスプロケットパーツをはめ込みます。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

はい、16Tとスペーサーを入れます。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

15Tは抜いたので、次は14Tとスペーサーです。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

クールに行きましょう、13Tです。ここからはスペーサーはありません。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

12Tギアを入れます。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

ワクワクしますね、最後の11Tを入れて。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

これで、完成です。ここまで細かい詳細は入らなかったですね(笑)

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

横から見ると、ギアが少し薄くなったような。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

何だが、圧巻ですね!

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

まだ、チェーンを噛んでいない綺麗なギアの見おさめです。

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着

 

これで、「Shimano(シマノ)10速用ハブスピードカセットに11速用カセットスプロケット「CS-9000」装着」の準備は完了です。

 

カセットスプロケット「CS-9000」スペック

 

ライダーの思うがままのスピードコントロールを実現するニュー11スピードカセット。幅広いギアバリエーションがあらゆる状況でスムーズに素早く変速する。カーボン製ミドルスパイダーアーム。チタン製スプロケット(16T以上)。歯数構成(11-23T/11-25T/11-28T/12-25T/12-28T)。
「CS-9000」を楽天で検索
「CS-9000」をYahoo! オークションで検索
「CS-9000」をYahoo!ショッピングで検索

もしよかったらプチっと!>>><<<クリックお願い致します。


6 Responses

    • AZUKI68 says:

      追記
      それともフリーハブに付属の1.85mmのスペーサーのことでしょうか。
      どうもフリーハブのことをスピードカセットと記載されているようなので、
      どちらかわからなくて混乱しましたので質問させていただきました。

        • AZUKI68 says:

          こんにちは。

          >>フリーハブに付属していたスペーサーと同じものを、一枚追加しました。

          ということは、1mmのスペーサーと1.85mmのスペーサーが入っているのでしょうか。

          • garage-m says:

            ギアを一枚ぬいて、その分遊びが出来るところを補うために、スペーサーを入れて、カセットにスプロケが固定されればそれでOkです。あとはディレイラー側で稼働域の調整などをします。ギアの繋がりが悪いところはどうしても出てしまうので、一番使わないところで調整をしていました。

  1. Pingback: Shimano(シマノ)DURA-ACE(デュラエース)「7900系」と「9000系」の重量比較 | GARAGE-M│男のガレージ、カメラや自転車など