男のガレージ、カメラや自転車など GARAGE-M > 自転車 > パーツ > LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

自転車のステムを「LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)」に変えてからも、ハンドル回りの変更により、サイズ違いのエルゴステムが手元にあるので、クランプ径の「26.0mm」と「31.8mm」を比較してみました。

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」パーツ比較

 

こちらは、カラーがグレーになり、クランプ系は「26.00mm」です。

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

カラーがブラックの、クランプ径「31.8mm」のエルゴステムです。

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

きっとこれらのエルゴステムは年代の違いもあると思うのですが、クランプの形状が随分違います。

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

でもですね。

実は、ハンドルバーの取り付けの際は、「26.0mm」は、ストレートなら問題ないのですが、私が装着していた「TNI トライアスリートバー(TRAIATHLETE.BAR)360mm 」では、曲がっている部分がグリグリしないと、通らないんですね。

なので、気にされない方は良いと思いますが、ハンドルバーに傷を付けたくない人には辛い作業となると思います。

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

これらのグレーとブラックの表面にも違いが、グレーは表面がザラザラしていますが、ブラックはツルッとした表面になっています。

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

キズが付いても気にならないのは、ザラザラの表面の方でしょうね。

でも、表面がザラザラだと、私が好きな塗装面の研磨作業が出来ないので、ピッカピカにはできないんです。

ガラスコーティングは出来ますよ。

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」重量比較

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

クランプ径の違いで、重量はずいぶん異なります。

26.0mmは「375g」に対して、31.8mmは「419g」です。

その差なんと、「44g」です。

軽量化を目指している人はチョイスしないアイテムだと思いますが、もしチョイスするなら、「26.0mm」にした方が良いですよね。

だって、今実はボルトのチタン化計画を進めていますが、チタンボルトで自転車を軽量化し世としている時の視点で考えると、吐き気がするほどの重量差ですから(笑)

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」装着イメージの比較

 

クランプパーツの形状は、何しろこの「26.0mm」は素晴らしいですね。

バランスが全体の綺麗なアーチ状になります。

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

「31.8mm」は、クランプ部分はさすがに径の違いもありますが、頭でっかち。。。

でも、ハンドルバーは一般的には「31.8mm」ですから仕方ないですね。

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 

あっ!

私は、自転車の全体のバランスの関係で、下気味に付けていますが、エルゴステムはこの様にアーチ状にしても美しいですよ。

ちょっと、実際に乗るには、これでは遠すぎですね(笑)

 

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

LOOK ERGOSTEM(ルックエルゴステム)の「サイズ違いの26.0mmと31.8mm」比較

 
 

エルゴステム「LOOK ERGOSTEM」スペック

トラック競技やピストなどで人気があり、ロードなどでも独特のデザインで根強い人気があります。エルゴステムは残念ながらすでに製造中止されています。オークションなどでは新品などが出品されていることがあります。標準的なステムよりこのエルゴステムは5cm以上もポジションを高くも低くも調整が可能です。長さも二点軸可変式なのでこのエルゴステムはある程度自由に長さが調整が可能となります。

カラー:ブラック、グレー
前後調整範囲:0~150mm
上下調整範囲:-120~+120mm

クランプ径:26.0mm、31.8mm
コラム径:1-1/8インチ(28.6mm)、純正シム使用で、1インチ(25.4mm)対応

重量:400g
※1インチ(inch)=25.4ミリメートル(mm)

「エルゴ」をYahoo! オークションで検索
  


3 Responses

  1. 大畠俊彦 says:

    初めましてエルゴステムについて調べておりここのページに辿り着きました。わかりましたら教えてください。私はLookの古いシングルバイクに乗っていますが、このフレームにはフォークに26.0mmのエルゴステムがくっついているタイプなのですが、このエルゴステムの一番クランプ側の部分のみを交換して31.8mmの物に変換したいのですが、先の部分のみの交換は寸法的に可能でしょうか?折曲がる部分の幅などは一緒でしょうか??お手数お掛けしますが教えてください。

  2. garage-m says:

    う~ん。
    お持ちのエルゴが分かればいいのですが、、、
    このページで比較している26.0と31.8は、アームの接続部分の規格は、色や表面加工の処理は違えど、規格は同じです。
    ですから、部品の組み替えは可能です。

    なので多分ですよ!

    古いものでも接続部分の規格は同じでないかと仮定できます。
    実は、エルゴの可変部分の二つの大きいボルトがあるじゃないですか、それをチタン化したくて探したのですが、特殊な規格らしくて、チタン以外の素材のものすら見つけることが出来なくて、しかもネジをつくっている工房にも問い合わせたのですが、やはり特殊すぎるねと言われた経験がありますよ。

    そのことを踏まえると、途中で接続部分の規格を替えているとは考えにくいのかな~と思いました。

    明確なお答えでなくてごめんなさいね。

    • 大畠俊彦 says:

      ありがとうございました。
      フレームはLOOKの古~いTrack用の黄色いカーボンフレームで太めのハンドルを付けたくて計画をしています。
      なんとなくいけそうなので購入してみます!!!
      オークションで気長に探してみます。
      この度は突然の質問にご丁寧に有難う御座いました。今後もブログは拝見させて頂きます!宜しくお願い致します。
      大畠(^^//