男のガレージ、カメラや自転車など GARAGE-M > WordPress > サイト運営 > WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

wordpress

WordPressのデータバックをアップをする「BackWPup」の設定です。

まずは、「プラグイン」>「新規追加」>「BackWPup」>「プラグイン検索」で、「いますぐインストール」します。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

それで、有効化にします。

すると、左サイドバーに「BackWPup」が増えていますので、クリックします。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

すると、この様な画面が御迎えをしてくれます。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

この画面下にある、「BACKUPNOAW!」をクリックします。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

その画面上の「Create a Job」を、クリックして進みますと。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

さて、この様な画面なります。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

この画面になりますので、「Job Nane」にお好きな名称を入力して、「Archive Formato」を選択して、私はZIPにいました。

今回は私は、サーバーの不具合も考慮して外部にバックアップをしておきたっかたので、「Dropbox」を選択しました。

これは、予め登録を「Dropbox」にしておいて、ログインをして置いてくださいね。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

スケジュールの設定をします。

自動的にバックアップするようにするには、真ん中の「with WordPrwess cron」を選択すると、画面下にスケジュールの設定項目が現れます。

私は、毎日深夜3時にバックアップをするようにしました。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

気お付けてくださいね。

ここで「all」をクリックして、選択してくださいね。

ここをデフォルトにしていると、何も選択されていない状態になってしまいます。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

ファイル設定の画面も、「Backup plugins」を、をクリックしておきます。

デフォルトでは、チェックが入っていないので、私は改めてプラグインを入れるのは嫌なので。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

プラグインはデフォルトのまましています。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

ドロップボックスの設定画面では、「Authenticatea(Sandbox)」をクリックすると、、、

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

この様な画面になりますので、「許可」をクリックして連結をさせます。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

すると、このように連結が裕子化されますので、続いては、保存のファイル名と、保存のファイル数量を設定します。

私は、余りたまっても不要なので「3」にしていますが、不安であれば増やすこともありだと思います。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

では、設定は一通り終わったので、「Run now」をクリックして、実際にバックアップを起動させてみましょう!

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

このような画面に変わります。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

あれれ?

私のサイトの場合は、45分経ったのに、、、

「Wamings」が「6」になって、実際には「Dropbox」には何も保存されていません。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

この様にエラーが出ています。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

あまり詳しくはないので、詳細は分かりませんが、多分、データベース以外に、画像ファイルなど1ギガ近くあるので、それが原因だと思います。

改めて、設定画面で保存する内容を、データベースだけに変更して、再度トライすると。。。

あっさりと「Dropbox」に、バックアップされました。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

設定の変更は、下記の用に、バックアップだけにします。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

その設定を、保存したら「RanNow」を走らせます。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

この様に、あっという間に、データベースだけだと軽いんですよね。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

運用している他のサイトでは、データベースとファイルデータを両方バックアップ出来るのですが、ファイルデータが大きいと不具合がでるようです。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

なので、ひと手間ですが、ファイルデータはFTPで、パソコンに落としてから、「Dropbox」に転送する作業をしています。

 

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

WordPressのデータをバックアップをする「BackWPup」設定

 

以上で、万が一のデータ不具合時のデータのバックアップはひとまず完了です。

WordPressのデータバックアップは「データベース」と「ファイルデータ」が必要となります。

これまで、「HTML」でサイト構築をされいた方は、FTPでデータを落とせばそれで済んでいましたが、データベースを使うような、WordPressでは、ちょっとお勝手が違うので、初めは悩みましたが、まずは、この二つのデータのバックアップをしておけばm復旧作業は可能となるようです。

リストア作業は、「データファイル」を、FTPで上げてから、「データベース」を、「phpMyAdmin」でインポートすればデータベースも復旧出来るようです。