男のガレージ、カメラや自転車など GARAGE-M > ゴルフ > 4スタンス理論 > 実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

4スタンス理論で 「A1タイプ」の私はスイングの時に、2軸でありながら間が必要なわけです。

あっ!

4スタンス理論で、この練習アイテムが合うタイプは「A1タイプ」と「B2タイプ」のクロスタイプの方です。

パラレルタイプは、体を揺さぶる動き「間」は必要ではなく、タイガーウッズのように軽めのシャフトで、サッと上げてサッと振り下ろす1軸スイングの方が向いているからです。

練習にならないことは全くないと思いますが、、、

 

あと、左足下りや右足下がりでのセットアップは、タイプによって異なるそうです。

クロスタイプの「A1」「B2」:斜面に関係なく地球に対して垂直に立つ

パラレルタイプの「A2」「B1」:斜面と平行に立つ

これだけで、結構打ちやすさが変わるから試してみてくださいね。

 

さて、「クロスタイプ」はテイクバックの間の取り方が悪いとそれですべてが終わりなんですよね。

しかし、ふり急いでしまう傾向が強いので、何しろムチを振り上げて振り下ろす感覚が重要になります。

どうしても、ヘッドスピードを出そうとしなくても測定の結果は、ヘッドスピードが速いのでシャフトは「X」なんですね。

そうすると、ムチとは無縁な硬~い棒のよう。

 

そこで、タイミングが合わなくなってきた時に、練習でタオルを振ったりはするのですが、実際にボールを打ちたい時に活躍するのが、この「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」なんです。

 

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

この「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」のシャフトは、以前もっとシャフトが細いフニャフニャなシャフトに比べると、そことまではフニャフニャではありませんが、かなりしなる柔らかいシャフトです。

 

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

ヘッドも実際に球が打てるようになっています。

 

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

 

撮影の時に手で曲げれる柔らかさです。

この「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」は、ちゃんとクラブのシャフトのしなりを感じながらでないと、球が真っすぐに飛ばないので、本当に助かっています。

 

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」

実際に打てる超軟シャフトの練習用クラブ「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」


 
 

「Roger king(ロージャーキング)SWING TRAINER(スイングトレーナー)」スペック

同じリズムで自然なボディーターンを!実際にボールが打てる練習器です。スイングで重要だと言われる ” 切り返しのタイミング ” を体得できるよう ” 超軟シャフト ” を装着しています。

効果:ボディターンがみにつく。トップでタメをつくることができる。無駄な力みが取れる。ゆったりと大きなスイングができる。正しいスイングを身につける。
一定のリズム(テンポ)をみにつける。

練習方法:一日5分で結構です。スイングドクターで素振りをしてください。ゆったり、力みの取れたスイングが身につきます。練習場でのウォーミングアップに最適です。 実際に球を打つ前に体をほぐしながらスイングすると、リズムのよいスイングがよみがえり効率のよい練習が出来るでしょう。練習の合間にスイングドクターをお使いください。練習場では調子が良い時ほど力みがちになるものです。力を抜くって難しいですよね?合間に2-3回で結構です。スイングドクターを使いスイングすることで、力みのとれたスイングがよみがえります。

ドライバーがあたらない?
ドライバーを打つ前に2-3度ロジャーキングスイングドクターをお使いください。
トップでの“タメ”を意識することで打ち急ぎや力みがとれ、しなやかなスイングがよみがえります。

シャンクが止まらない?
手が先に出たり、手打ちになるとシャンクが出るといわれます。(その他いろいろ原因はありますが)スイングドクターでハーフスイングをイメージしながら素振りを2-3度してください。
体全体を使ったゆっくたりしたスイングがよみがえり、手が先にでたり、手打がなくなりピン筋一直線!!

最初はスイングドクターでボールを打ってもまっすぐ飛ばないかもしれませんが、だんだんと正しいスイングが身についてくると普通のクラブのようにまっすぐ飛ばすことができます。
そのタイミングを体に覚えさせ、通常のクラブで打ってみると弾道が見違えるはずです

番手:#7アイアン
ロフト:34°
ライ:62°
全長:37インチ
重量:±380g

「Roger スイング」を楽天で検索
「Roger スイング」をYahoo! オークションで検索
「Roger スイング」をYahoo!ショッピングで検索

ゴルフ 4スタンス理論

あ・うんのゴルフ―ゴルファーにも「血液型」があるんです。

横田真一 4スタンスゴルフ [DVD]

横田真一 4スタンスゴルフ

筋肉は伸ばさず、ゆるめる!4スタンスリポーズ体操

4スタンス理論 チェック法DVD付き―正しい身体の動かし方は4つある。

カッコイイ身体になる! 4スタンス ボディメイキング

ゴルフ場営業時間外でも簡単電話予約!ゴルフダイジェスト・オンライン
日本最大級のゴルフ場予約サイト『楽天GORA』